Webマガジン ニュース・オブ・アジア

ネパール、アライバルビザ発給停止措置を全ての外国人に拡大へ 新型コロナ対策で

概要

3月13日、ネパール政府は新型コロナウイルス感染対策措置として、空港でのアライバルビザの発給停止対象を全ての外国人に拡大すると発表した。また、すでに有効なビザを取得している外国人であっても、ネパール入国の際にPCR検査証明書(a swab test PCR health certificate)の提出を求めるとしている。この措置は、ネパール時間3月14日午前0時から4月30日まで続く。

さらに、外国人のみならずネパール人も対象として入国後の経過観察期間が設けられるなど、合計10項目の措置が発表されている。詳細は以下のとおり。

10項目の措置を発表

ネパール政府は3月10日より、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス、イラン、日本、中国、韓国の国籍者を対象に、アライバルビザの発給停止措置を実施してきた。すでに有効なビザを取得している上記国籍者に対しても、入国時の必要書類として健康証明書の提出を求めていた。今回、新型コロナウイルス感染の世界的な拡大(パンデミック)を受けて、その措置がネパール入国を望むすべての外国人に拡げられることとなった。

ネパール入国管理局のウェブサイトにはそれに関する通知が掲載されており、以下の10項目の措置について知らされている。

  1. 上記の期間、すべての外国人を対象にアライバルビザの発給を停止する。
  2. 事前に有効なビザを取得しているすべての外国人は、ネパール到着の7日以内に発行された健康証明書(a swab test CPR health certificate)をトリブバン国際空港の入国管理局に提出しなければならない。
  3. ネパール国外に居住する元ネパール国籍保有者(Non-Resident Nepalese card holders;以下、NRNs)を含め、やむを得ない事情のためにネパール入国を望むすべての外国人は、在外ネパール公館に相談することができる。ネパール到着日前7日以内に発行された健康証明書(a swab test PCR health certificate)がビザ申請に必須であり、トリブバン国際空港内の入国管理局に提出しなければならない。
  4. NRNsを対象とする無料のアライバルビザの発給も上記の期間停止する。
  5. 2020年3月14日以降にネパールに入国するすべての外国人は到着から14日の間、自ら隔離措置をとることとする。また、NRNsを含めすべてのネパール人は、ネパール入国後14日の間自宅隔離措置の下におかれる。
  6. 外交・公用ビザで入国する外国人はすべて、初めて入国する場合でもネパールに戻る場合でも、14日間自ら隔離措置をとることとする。
  7. ビジネスビザ、学生ビザあるいは就労ビザを持つ外国人も、(一度出国し)ネパールに戻る際には、入国後14日間自ら隔離措置をとすこととする。
  8. ネパール国外に居住するネパール人は、不要不急の旅行を避けるよう要請されており、高度な予防手段を講じるよう強調されている。
  9. 上記の期間中、第三国からのすべての外国人に対して陸路でのネパール入国は認められないため、トリブバン国際空港のみを利用するよう要請されている。
  10. 発行済みのすべての入山許可および2020春シーズンのための許可証発行は停止される。

(理解しやすくするため、一部括弧書きにて説明を加えてあります。)

原文

上記部分に関し、ネパール入国管理局のウェブサイトに掲載された通知の原文は以下のとおり。

Updated Urgent Notice Regarding Travel Restriction Related to COVID-19 Dated 13th March 2020(12:15 hrs/NST)

Considering the declaration of World Health Organization regarding the scale of COVID-19 spread as global pandemic, following the recommendations and counter measures to be taken by the countries to cope with the pandemic and assimilating the International Health Regulation(IHR) 2005, Protocols and Prescriptions; Goverment of Nepal has desided to enforce the following decisions,directions, and precautionary measures in supplantation of all the earlier notices issued on this subject. The provisions enlisted in this notice will come into effect from twelve hours midnight (Nepal Standard Time) on 14th March 2020 till 30th April 2020.

i. Visa-on -arrival for all foreigners has been suspended for aforementioned period.

ii. All foreigners with a prior valid visa of Nepal have to submit a swab test PCR health certificate issued mazimum 7 days before their arrival date to Nepal and must be submitted at the immigration office Tribhuvan International Airport(TIA).

iii. Any foreign nationals including NRNs willing to visit Nepal for compelling reasons may contact to Nepali diplomatic missions abroad. A recent swab test PCR health certificate issued maximum 7 days before their arrival to Nepal is mandatory along with visa application and it has to be submitted at the immigration office TIA.

iv. On-arrival Visa(Gratis) facility granted to NOn-Resident Nepalese card holders is also suspended for the aforementioned period.

v. All foreign nationals entering Nepal since 14th March 2020 are subjected to stay in Self Quarantine and Nepali Nationals including NRNs are subjected to stay in Home Quarantine for 14 days from the date od their arrival.

vi. Foreigners with diplomatic and official visa entering Nepal for the first time or traveling back to Nepal are subjected to stay in Self Quarantine for 14 days.

vii. Foreigners with Business, study ando working visa travelling back to Nepal are subjected to stay in Self Quarantine for 14 days.

viii. All Nepali nationals residing abroad are requested to avoid non-essential travel and are urged to follow high precautionary measures.

ix. All the land ports of entry in Nepal remain closed for arrival in Nepal during the aforementioned period to the foreigners from third contries and are requested to use Tribhuvan International Airport only.

x. All the permits for mountaineering expeditions issued, and to be issued for spring 2020 season are sespended.

(引用元:http://www.nepalimmigration.gov.np/)

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする