Webマガジン ニュース・オブ・アジア

インド、ネパールは黄色 インドネシアやマレーシアは青 新型コロナ水際対策用の色分け公表-日本

日本政府は6月1日午前0時より、新型コロナウイルスに対する水際対策を変更する。今回の変更により、「オミクロン株に関する知見、各国・地域における流行状況、日本への流入状況などのリスク評価、
ワクチンの有効性等を踏まえ、各国・地域からの流入リスクを総合的に勘案し」(外務省)、国・地域が「赤」「黄」「青」に区分されることになる。各区分ごとに入国後の水際対策として求められる措置が変わってくる。

この変更については20日時点で発表されていたが、昨日、以下のとおり色分けが公表された。

6月1日以降の新型コロナ水際対策色分け インド ネパールは黄色
(画像は外務省HP https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdf2/0526_list.pdf より)

アジア地域では、パキスタンが赤、インドやネパール、ベトナム等は黄色に区分された。インドネシアや韓国、中国、マレーシアやミャンマー等は青となっている。

各国・地域からの入国者に対する水際対策措置は以下のとおり。

「赤」からの入国・ワクチン3回目未接種

出国前72時間以内の検査あり
日本入国時の検査あり
入国後の待機期間3日間施設待機。その後7日目まで自宅等待機。但し、3日目に施設で受けた検査の結果が陰性であれば、出所の時点で待機解除。

「赤」からの入国・ワクチン3回接種済み

出国前72時間以内の検査あり
日本入国時の検査あり
入国後の待機期間原則7日間自宅等待機。但し、3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、厚生労働省による確認後、待機解除。

「黄」からの入国・ワクチン3回目未接種

出国前72時間以内の検査あり
日本入国時の検査あり
入国後の待機期間原則7日間自宅等待機。但し、3日目以降に自主的に受けた検査の結果が陰性であれば、厚生労働省による確認後、待機解除。

「黄」からの入国・ワクチン3回目接種済み

出国前72時間以内の検査あり
日本入国時の検査なし
入国後の待機期間なし

「青」からの入国・ワクチン3回目未接種

出国前72時間以内の検査あり
日本入国時の検査なし
入国後の待機期間なし

「青」からの入国・ワクチン3回接種済み

出国前72時間以内の検査あり
日本入国時の検査なし
入国後の待機期間なし

なお、いずれの区分からの入国者であっても、入国後24時間以内に自宅等待機のために自宅等まで移動する場合に限り、自宅等待機期間中であっても公共交通機関の使用が可能となっている。

有効なワクチン接種証明書については外務省HPから確認できる。

-PR-

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする