Webマガジン ニュース・オブ・アジア

日本入国手続き迅速化「ファストトラック」の締め切り時間短縮 到着6時間前まで可に-日本

日本の外務省は2日、日本入国時の検疫手続きを事前申請(ファストトラック)の申請締め切り時間を、日本到着の6時間前までに短縮することを発表した。これまでは16時間前が締切りとなっており、10時間短縮された。

ファストトラックとは

ファストトラックとは、「MySOS」というスマートフォンアプリから入国に必要な書類の事前登録を済ませておくことをできるようにする措置。2022年4月27日以降、羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港で運用されている。

事前登録が求められる書類は、以下の4点。

  • 質問票
  • 誓約書
  • ワクチン接種証明書1(任意)
  • 検査証明書(出国前72時間以内)

これらの書類を事前登録した上で、審査が済めば、空港ではアプリ画面を見せるだけで検疫終了となる。

詳細は厚生労働省HPから確認できる。

13回目接種の証明書。2回目までの接種を終えていても、3回目接種を終えていない人は証明書「無」の扱いとなる。

-PR-

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする