Webマガジン ニュース・オブ・アジア

ネパールの新型コロナ死者が1万人を超える

新型コロナウイルスの変異株であるデルタ株感染が広がるネパールで、同国保健人口省によれば、6日、新型コロナウイルス感染が原因とされる新たな25人の死亡が確認され、死者数の累計が1万人に達した。

これまでに確認された感染者数は累計で77万,589人で、このうち1.41%が死に至った計算になる。人口100万人あたりの死亡者数は337.7人。現在ネパールは感染が再び拡大傾向にある状況が続いており、6日に発表された新規感染者数は3,729人。このうちPCRテストの陽性率は25.5%で以前高い数値が続いている。4日には1日当たりの新規感染者数が4100人を上回っていた。

6日時点で療養中の人は合計3万4,942人で、その内訳は、集中治療室で治療中の患者は732人、人工呼吸器を装着している患者は158人、その他に医療機関で治療中の人が3,515人、自宅療養中の人は3万1,427人となっている。

引き続き首都カトマンズ郡での感染拡大が最も著しく、7,039人が療養中である。この他、モラン郡、ジャパ郡、スンサリ郡、バクタプル郡、ラリトプル郡、チトワン郡、マクワンプル郡、カブレパランチョーク郡、ヌワコート郡、東ナワルパラシ郡、カスキ郡、バグルン郡、ゴルカ郡、ルーパンデヒ郡、スルケット郡を合わせた16の郡で500人以上が現在療養中である。

同じく、療養中の人が200人以上いる郡は、ダンクタ郡、ダヌサ郡、バラ郡、サプタリ郡、シラハ郡、ドラカ郡、ダディン郡、シンドゥパルチョーク郡、シンドゥリ郡、ラメチャープ郡、シャンジャ郡、タナフ郡、ラムジュン郡、ダン郡、パルパ郡、バンケ郡、バルディア郡、ジュムラ郡、カイラリ郡、そしてカンチャンプル郡の21郡。

一方、ヒマラヤ山脈に位置し、隣接するマナン郡とムスタン郡は5日の時点で「ワクチン接種完了郡(Districts fully vaccinated against COVID-19)」に分類されている。全国的には、全人口の約7.6%にあたるとされる22万人以上がワクチン接種を完了したと報告されている。

2021年8月6日付ネパールの新型コロナウイルス感染者数状況
(2021年8月6日付ネパールの各郡毎の新型コロナウイルス感染者数状況。このうち黒のラインは全国の死者数の推移を表している。チャートはネパール保健人口省のHP※1から。)
※1 https://covid19.mohp.gov.np/covid/englishSituationReport/610d1dec4f07e_SitRep544_COVID-19_06-08-2021_EN.pdf

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする