Webマガジン ニュース・オブ・アジア

ネパールの水害 47の郡に影響拡大 死傷者100人超え 不明34人

(雨期で増水中のコシ川。2021年7月4日撮影。本文中の被害と直接関係するわけではありません。)

モンスーンによる雨期を迎えているネパールで水害が続いている。ネパール政府の災害危機管理ポータルが7月10日付で公表した集計によると、東西南北にわたり、南の平野部からヒマラヤ山脈に位置する郡までを含む全国各地で大雨の影響による洪水や土砂崩れ・地滑り等の災害が生じており、影響を受けた郡の数は47に達している。これは全体の6割に上る数だ。死者は合計で57人。不明者34人、けが人60人に加え、708軒の建物が全壊もしくは一部損壊している。

災害が発生した郡は以下のとおり。

記事後半にはネパール東部を流れる大河川コシの増水の様子を写真でお伝えしています。)

1. バジュラ郡(洪水:死者1、不明1、家屋損壊14棟)
2. ゴルカ郡(洪水:死者4人、不明1人、怪我2人、家屋損壊74棟、橋損壊1本)
3. マナン郡(洪水:家屋損壊79棟、道路損壊1本、橋損壊17本、公共の建物損壊1棟、行政施設損壊1棟、学校損壊1棟、銀行損壊2件、発電施設損壊4件、その他建設中施設の損壊1件)
4. シンドゥパルチョーク郡(洪水:死者5人、不明20人、怪我6人、家屋損壊338棟、橋損壊21本、魚養殖場損壊10軒、その他政府系建造物損壊32棟、その他建設中施設の損壊1件)
5. ピュータン郡(洪水:死者2人、家屋損壊1棟)
6. パルパ郡(降り続く雨:死者4人、怪我6人、家屋損壊5棟)
7. ラムジュン郡(洪水:家屋損壊91棟、その他)
8. ドティ郡(土砂崩れ:死者4人、怪我3人)
9. ジュムラ郡(雪崩:死者1人、怪我2人)
10. アルガカーチ郡(洪水:死者1人、家屋損壊12棟)
11. カスキ郡(洪水:死者1人、怪我2人、家屋損壊17棟、道路損壊1本、学校損壊2棟、橋損壊1本、その他)
12. カブレパランチョーク郡(洪水:死者1人)
13. ルーパンデヒ郡(河川に流される:不明1人)
14. カリコート郡(土砂崩れ:死者1人、不明1人)
15. サプタリ郡(洪水:死者2人)
16. ムスタン郡(土砂崩れ:家屋損壊1棟)
17. バジャン郡(土砂崩れ:死者1人)
18. ダイレク郡(土砂崩れ:被害なし)
19. チトワン郡(土砂崩れ:死者2人、不明3人、怪我1人、家屋損壊5棟、橋損壊2本)
20. フムラ郡(土砂崩れ:家屋損壊9棟、その他1件)
21. パーツタル郡(土砂崩れ:死者2人、怪我1人)
22. ロルパ郡(土砂崩れ:死者3人、怪我5人、家屋損壊1人)
23. ドラカ郡(洪水:建設中の水力発電施設の数々の物品が流され、作業員37人が避難)
24. ダン郡(洪水:死者3人、不明2人、怪我2人、家屋損壊1棟)
25. サンクワサバ郡(洪水:家屋損壊1棟)
26. ロウタハット郡(洪水:死者3人、怪我1人、家屋損壊2棟)
27. パルサ郡(洪水:2家族14人が避難)
28. サルラヒ郡(降り続く雨:死者1人、怪我3人、家屋損壊8棟、その他2件)
29. タナフ郡(土砂崩れ:死者5人、不明1人、怪我10人、家屋損壊18棟、橋損壊1件)
30. ダディン郡(洪水:死者2人、不明1人、怪我6人)
31. バラ郡(雨:家屋損壊2棟)
32. シンドゥリ郡(土砂崩れ:死者1人、家屋損壊1棟)
33. アチャム郡(土砂崩れ:怪我1人)
34. モラン郡(洪水:橋損壊1本)
35. シラハ郡(洪水:橋損壊1本)
36. コタン郡(降り続く雨:死者1人、怪我3人、家屋損壊4棟)
37. ラメチャープ郡(降り続く雨:家屋損壊1棟、橋損壊1本)
38. スンサリ郡(洪水:家屋損壊1棟)
39. ダヌサ郡(雨:怪我4人、家屋損壊2棟)
40. ソールクンブ郡(落石:家屋損壊3棟)
41. マクワンプル郡(土砂崩れ:死者1人、家屋損壊6棟、橋損壊1本)
42. ウダイェプル郡(洪水・降り続く雨:橋損壊1本、学校損壊1棟)
43. 東ナワルパラシ郡(降り続く雨:家屋損壊4棟、橋損壊1本)
44. パルワット郡(河川に流される:不明2人)
45. ミャグディ郡(洪水:死者2人、家屋損壊2棟)
46. バグルン郡(土砂崩れ:不明1人、家屋損壊1棟)
47. ダルチュラ郡(土砂崩れ:死者3人、怪我2人、家屋損壊4人)

(以上、ネパール政府の災害危機管理ポータル掲載の順番に従っています。)

ネパール東部、コシ川増水の様子を写真で

雨期に入り、ネパール南東部を北から南に縦に流れる大河川、コシ川(別名サプタコシ川)が増水している。雨期前の今年4月に撮影された写真と比較してお伝えする。

コシ川の水門が開かれている

ネパール東部サプタリ郡とスンサリ郡を隔てるコシ川にかかるコシ橋。2021年4月10日の撮影時は乾期であり、向こうには川の中洲も見える。水位調整用の門は上がっていない。
(ネパール東部サプタリ郡とスンサリ郡を隔てるコシ川にかかるコシ橋。2021年4月10日の撮影時は乾期であり、向こうには川の中洲も見える。水位調整用の門は上がっていない。)
2021年7月4日撮影。水門が開かれて水が流れていくようにされている。
(2021年7月4日撮影。水門が開かれて水が南側に流れていくようにされている。)
(全開の水門の下を濁流が流れている。)

北側(上流側)の様子

コシ橋から望む北側。4月10日撮影。この日は空にもやがかかったような天気だったが、水面はとても穏やかで、カヌーに乗る人の姿が見える。川の中州も見えている。
(コシ橋から望む北側。4月10日撮影。この日は空にもやがかかったような天気だったが、水面はとても穏やかで、カヌーに乗る人の姿が見える。川の中州も見えている。)
7月4日。上げられた水門の向こうには、増水した様子がはっきり見て取れる。
(7月4日。上げられた水門の向こうには、増水した様子がはっきり見て取れる。)

南側(下流側)の様子

(4月10日。南側。段々になっている橋脚もはっきり見える。)
(4月10日。南側。段々になっている橋脚もはっきり見える。)
7月4日。橋脚の一番絵のあたりまで水が来ていることが分かる。開け放たれた水門から勢いよく濁流が流れている。
(7月4日。橋脚の一番絵のあたりまで水が来ていることが分かる。開け放たれた水門から勢いよく濁流が流れている。)

-PR-

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする