Webマガジン ニュース・オブ・アジア

ネパールでAY.1(K417N)変異検出 新規感染者数は下げ止まり模様-新型コロナ

ネパールの保健人口省は、6月21日、ネパール各地から採取された検体を検査した結果、AY.1として知られる新型コロナウイルスの変異型への感染が複数確認されたと発表した。これは、2021年5月9日から6月3日にかけて国内の様々な場所で年代の異なる人たちから採取された48の検体をインドのニューデリーにあるゲノミクス・統合生物学研究所(IGIB)に送付してゲノム解析を行ったことで確認されたものであるという。

48検体のうち47は最近WHOがデルタ株と命名したB.1.617.2(いわゆるインド型変異株のうちの一つ)で、残りの一つは同じくWHOによってアルファ株と名付けられたB.1.1.7(いわゆるイギリス型変異株)だったという。これらはどちらも懸念される変異株として分類されている。このうち、スパイクたんぱく質にK417N変異が確認されたのはすべてデルタ株(B.1.617.2)におけるもので、9例であった。ネパールの保健人口省は、「(これには)AY.1という名称もつけられている」とし、「現在までにこの変異はネパールを含め世界の10か国以上で確認されたとの情報がある」と記している。

デルタ株B.1.617.2のK417N変異検出を伝えるネパール保健人口省のプレスリリース。2021年6月21日付。同変異体は別名AY.1なのだという

英国公衆衛生庁が6月11日付で作成した資料[mfn]原題:SARS-CoV-2 variants of concern and variants under investigation in England Technical briefing 15[/mfn]では、その71ページに「デルタ―AY.1(K417 Nのあるデルタ)」という項目が設けられており、「現時点では限られた疫学情報しかない」とされている。

ネパールでは、5月に迎えた第二波ピーク時には1日あたり9,000人を超える新規感染者が確認されており、PCRテストの陽性率も40%を上回っていた。6月13日以降は1日に確認された新規感染者数は2,000人台となっている[mfn]6月22日に発表された数は4,522だが、これは、ダウラギリ病院がまとめて提供した、以前に実施されていたPCRテストの結果を含んでいるとされている。[/mfn]ものの、PCRテストの陽性率は依然20%を上回っており、減少スピードは緩まっている様子だ。

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする