Webマガジン ニュース・オブ・アジア

今年もS.E.E.キャンセル コロナ禍で2年続けて学内評価に—ネパール

現地報道によれば、新型コロナウイルスの感染拡大第二波が深刻な状況となっているネパールで、学生にとって重要とされる試験、S.E.Eが今年もキャンセルされることとなった。

(ネパールのS.E.E.がどのような試験であるかについては、3月12日公開の記事「ネパールで2年ぶりの中等教育修了試験(SEE) 2か月延期して実施へ 」にて解説されています。)

例年は年度末の3月中旬から4月中旬にかけて行われてきた同試験だが、今年は2か月遅らせて、5月27日から6月7日にかけて行われる予定となっていた。ところが、その後の感染者数の急激な増加を受け、5月10日には、無期限での延期が発表されていた。そして、最終的に、今年もS.E.E.の実際の試験は実施せずに学内評価にて成績を決定するという閣議決定にいたっている。同時に、12年生の試験(日本の高校卒業試験に相当)も現在まで延期されており、代替の方法によって行われることが決定された。

これで、S.E.Eがキャンセルされたのは昨年に続いて2年連続。現地メディアのゴルカパットラ(web版)によれば、具体的な評価方法は昨年とは異なるモデルになる可能性があるようだ。

3月15日には79人だった一日当たりの新規感染者数はその後急増に転じ、一時は9000人を超えていた。保健人口省の発表に基づいて計算すると、3月15日以降6月1日までの2か月半で確認された新規感染者(PCRテスト以外の検査方法は除かれている)は29万1,277人に上り、実にネパール全人口の約102人に1人の割合に達している。また、6月2日の時点で、全国77郡中、マナン郡とコタン郡を除く75郡でロックダウン等の行動規制措置が取られている。[mfn]ネパールの総人口はworldmeters.infoによる推計に基づく[/mfn]

ーPRー

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする