Webマガジン ニュース・オブ・アジア

首都圏でも延長、ロックダウンは73郡に拡大 陽性率50%超えの日も-ネパール

隣国インドと共に、新型コロナウイルス感染拡大の深刻な第二波に見舞われているネパールで、5月10日、陽性の検査結果が出る割合が検査全体の50%を上回った。これには抗原検査の結果も含まれており、PCR検査の結果だけに絞れば、陽性率は51.7%となる。これはネパール全体での数値だが、局地的にはもっと高い地域も存在する。翌11日の新規感染者数は9,483人で、これまでの最多を更新した。

ビルガンジ78%、ジャパ81%、ネパールガンジ83%の衝撃

例えば、5月10日に発表された数字によれば、パルサ郡ビルガンジ市にある検査施設では191件の検査が行われ、149の陽性結果が確認された。陽性率は78%に及んでいる。首都カトマンズから南方約140kmに位置するビルガンジ市はインドと国境を接している街で、東西のほぼ中央に位置する、主だった出入国ポイントの一つだ。

ネパール南西部のインドとの出入国地点であるネパールガンジ市の状況はさらに深刻だ。第二波の最初期から医療崩壊が起こり、最も早くロックダウンに踏みきったこの街でも、陽性率の異常な高止まりが続いている。ベリー病院でこの日に行われた検査数は421件で、そのうち353が陽性とされた。その率は83.8%である。

極西州南部の状況も同様だ。カンチャンプル郡ビムダッタ市(マヘンドラナガル)の病院では479件中376(陽性率78.4%)、カイラリ郡ダンガリ市では554件中328(59.2%)の陽性結果となっている。

ジャパ郡はネパール東南端にある郡だ。ここのメチ病院でのこの日の検査結果は、134件中109件が陽性となり、81.3%の陽性率となっている。

これらはいずれも南部の平野部に位置する郡だが、以下の画像から、南部平野とネパール中央部に感染が広がっている様子が見て取れる。

ネパールの新型コロナウイルス感染第二波の拡大状況を示す地図2011年5月11日
(画像は、ネパールの保健人口省のホームページからダウンロードできるものの一部。5月11日付の資料。200人以上の現在感染者がいる郡が赤色で示されている。南部平野全体に渡って、そしてネパール中央部に感染が拡大しているのが見て取れる。)

首都カトマンズでは現在感染者3万人以上

第一波に続き感染拡大のホットスポットとなっている首都カトマンズでは、5月12日の時点で、現在感染者が3万558人に達している。毎日3,000人近い新規感染者が確認されており、収束の兆しは見えていない。首都圏を構成する他の2郡の数字と併せると、現在感染者数は4万1,888人に達している。

ロックダウンは73の郡に 首都圏3郡も5月27日まで延長

急激な感染拡大を受けて、ネパールの77ある郡のうちロックダウンを行う郡は、5月12日午後7時までの時点で73に達した。残っているのは、西から順にマナン郡、東ルクム郡、コタン郡、そしてテーラトゥム郡だけとなった。これらの郡の現在感染者数は、5月11日までの政府統計で、それぞれ、11、29、62、53人となっている。

首都圏3郡では、4月29日からロックダウンが続いている。これまでに期限は2度延長され、最新の期限は5月27日までとなっている。規制内容も期限延長の際に調整されている。これまでは事前許可制となっていたパーティ会場での結婚式が全面的に禁止された上で、自宅での結婚式も出席者を10人までに制限することが求められるなど、一部厳格化されている[mfn]これまでは、15人までとされていた。[/mfn]。一方、食品店は午前10時までの営業が認められ、これまでに比べて1時間延ばされている。

スンサリ郡イタハリ市は食料品店の営業も全日禁止

首都圏以上に厳しい措置に踏みきったのは、東部のスンサリ郡イタハリ市だ。スンサリ郡自体4月30日から5月14日の期間中郡全域をロックダウンしているが、同市はさらに独自の施策として、5月12日午前10時から5月18日深夜24時までの期間、病院と薬局を除いてすべての企業・店舗の営業を禁止した。これには、日用品・食料品店の営業禁止も含まれている。例外として営業が認められるのは、青果店と牛乳販売店のみで、これらの営業も午前10時までという規制がかけられている。市の告知によれば、「5月9日までの時点で市内で587人が感染している」。

スンサリ郡全体では1,308人の現在感染者数となっている。

5月11日午後7時までの時点でロックダウンの開始・延長を決定した郡は以下のとおり。

(表を飛ばして、記事の続き「国際線フライト停止期間も延長-5月31日まで」を読む。)

開始日付※1対象地域当初の期限延長後の期限※2現在感染者数※3
4月20日(火)バンケ郡ネパールガンジ市4月28日(水)5,254
4月26日(月)バンケ郡※4全域

5月10日(月)24時

5月17日(月)※5
4月27日(火)スルケット郡全域5月4日(火)24時5月14日(金)24時2,244
4月28日(水)カスキ郡全域5月4日(火)24時5月14日(金)24時3,787
4月29日(木)カトマンズ郡全域5月5日(水)24時5月27日(木)24時30,558
ラリトプル郡全域5月5日(水)24時5月27日(木)24時6,716
バクタプル郡全域5月5日(水)24時5月27日(木)24時4,614
カイラリ郡全域5月5日(水)24時5月20日(木)24時2,660
パルサ郡全域5月5日(水)24時5月14日(金)24時1,516
カンチャンプル郡全域5月5日(水)24時5月21日(金)24時908
チトワン郡全域5月14日(金)24時 2,650
ルーパンデヒ郡全域5月13日(木)6時5月27日(木)8,173
ダルチュラ郡マルマ村など次の発表があるまで 137
4月30日(金)ダン郡全域5月8日(土)18時5月15日(土)24時3,159
パルパ郡全域5月7日(金)24時5月18日(火)24時1,108
バグルン郡バグルン市内の一部など5月7日(金)24時 174
スンサリ郡全域5月7日(金)24時5月29日(土)24時1,398
5月1日(土)モラン郡ビラトナガル市など一部5月7日(金)24時 3,492
グルミー郡全域5月7日(金)24時5月18日(火)24時287
ピュータン郡全域5月7日(金)24時5月14日(金)24時142
ゴルカ郡全域5月7日(金)24時 624
ジャージャルコート郡全域5月8日(土)24時5月15日(土)24時347
5月2日(日)バジュラ郡ヒマリ村5月14日(金) 16
サリャン郡全域5月15日(土)24時 192
西ルクム郡全域5月14日(金)24時 128
ダレンドゥラ郡全域5月8日(土)24時5月18日(火)24時404
ウダイェプル郡全域5月8日(土)20時5月14日(金)24時177
ジャパ郡全域5月9日(日)24時5月14日(金)24時2,169
カブレパランチョーク郡全域5月8日(土)24時5月16日(日)1,314
マクワンプル郡ヘトウダ市など一部5月15日(土)24時 1,482
カリコート郡全域5月9日(日)24時 91
ダルチュラ郡マハカリ市5月8日(土)24時 ※5
アチャム郡全域5月16日(日)24時 521
5月3日(月)バルディア郡全域5月14日(金)24時 808
バジャン郡

全域

5月9日(日)24時5月16日(日)24時29
シャンジャ郡ワリン市など一部5月14日(金)24時5月29日(土)421
ラメチャープ郡マンタリ市など一部5月10日(月)24時5月17日(月)297
タプレジュン郡タプレジュンファンリン市の一部など5月10日(月)24時5月17日(月)127
アルガカーチ郡全域5月14日(金)24時 497
バイタリ郡全域5月16日(月)24時 775
5月4日(火)カピルバストゥ郡全域5月14日(金)24時5月24日(月)776
シャンジャ郡全域5月14日(金)24時 ※5
ヌワコート郡全域5月10日(月)24時5月17日(月)787
ダヌサ郡全域5月14日(金)24時 1,647
ダイレク郡全域5月11日(火)24時5月18日(火)347
バグルン郡バグルン市5月14日(金)6時 ※5
ドルパ郡全域5月14日(金)24時 13
ドティ郡全域5月14日(金)24時 330
東ナワルパラシ郡全域5月18日(火)24時 563
西ナワルパラシ郡全域5月14日(金)24時 863
フムラ郡全域5月12日(火)5月18日(火)18
ダディン郡全域5月14日(金)24時 837
5月5日(水)ゴルカ郡※4全域5月14日(金)24時 ※5
バジュラ郡※4全域5月14日(金)24時 ※5
マホッタリ郡全域5月14日(金)24時 693
ロルパ郡全域5月19日(水)24時 142
ムグ郡全域5月14日(金)24時 11
ドラカ郡全域5月14日(金)24時 202
ダンクタ郡ダンクタ市5月14日(金) 106
ジュムラ郡全域5月14日(金)24時 132
シンドゥリ郡全域5月12日(水)24時 474
5月6日(木)バラ郡全域次の発表があるまで 508
シラハ郡全域次の発表があるまで 342
シンドゥパルチョーク郡通り毎に指定5月14日(金)24時 465
5月7日(金)バグルン郡※4全域5月14日(金)24時 ※5
モラン郡※4全域5月15日(土)24時 ※5
ロウタハット郡全域5月14日(金)24時 536
5月8日(土)サルラヒ郡全域5月14日(金)24時 309
サプタリ郡ラズビラージ市等次の発表があるまで 247

5月9日(日)

ダルチュラ郡※4全域5月14日(金)24時 ※5
カリコート郡※4全域5月16日(日)24時 ※5
サンクワサバ郡全域5月16日(日) 121
オカルドゥンガ郡全域5月23日(日)24時 93
ソールクンブ郡全域5月23日(日)24時 66

5月10日(月)

タナフ郡全域5月14日(金)24時 445
ラスワ郡全域5月17日(月)24時 195
パーツタル郡全域5月17日(月)24時 36

5月11日(火)

パルバット郡全域

5月21日(金)24時

 237
イラム郡全域

5月26日(水)24時

 97
ラムジュン郡全域

5月17日(月)24時

 230

5月12日(水)

ボズプル郡全域5月26日(水)24時 69

5月13日(木)

ムスタン郡タサンなど一部5月20日(木)24時 61

※1 24時に開始されることも多く、その場合はネパール内務省の記載方法のまま、翌日午前0時ではなく、当日24時として扱っています。※2 複数回延長された場合は、最新の期限のみを記載しています。※3 郡全域での現在感染者数。数字は記事執筆時点のもの。※4 同郡のロックダウンは一部地域ですでに始まっていましたが、この日から対象地域が全域に拡大されました。 ※5 同郡にて最初にロックダウンが始まった日付の欄に記載しています。

国際線フライトの停止期間も延長ー5月31日まで

さらに、感染予防策の一環として行われている国際線フライトを停止措置の期間が延長されることとなった。当初は5月14日までの期間が予定されていたが、5月31日午後23時59分が新たな期限に設定された。ネパール民間航空局が告知している。

なお、エア・バブル協定に基づき、国際線フライト停止期間中も例外として運行が認められているカトマンズーニューデリー間のフライトは、引き続き週2便の運航(ネパール航空とエア・インディアによるものが1便ずつ)が認められている。

航空会社に対しては、次の情報が出されるまで予約を開始しないよう、また、乗客の求めに応じて搭乗日の延期やチケット代の払い戻し対応を促進してゆくよう告げられている。

ロックダウンによる国際線フライト停止期間延長を告げるネパール民間航空局の告知
(2021年5月11日付、ネパール民間航空局の告知。)

日本、インド・ネパール・パキスタンからの再入国拒否へ

すでに英国はネパール滞在歴のある外国人の入国を禁止する等の措置を取ったとネパール国内でも報道されている。日本でもネパールからの渡航者に対する水際対策が強化されており、5月12日、日本はネパールを「変異株流行国・地域」に指定した。これに伴い、5月14日午前0時より、日本への上陸申請日14日以内にインド、ネパール、パキスタンに滞在していた外国人の再入国が原則として拒否されることとなった。特別永住者は今回の措置の対象ではない。また、永住者や日本人の配偶者等、永住者の配偶者、そして定住者としての在留資格保持者は、原則として入国が認められるとされている。

当マガジンは引き続き、ネパールの新型コロナウイルス感染拡大と関係する状況の変化を注視していく。

(※6月2日、見出しを修正しました。)

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする