Webマガジン ニュース・オブ・アジア

対ネパールルピー円相場、過去20年間の最高値を更新

対ネパールルピー相場でも、円高傾向が続いている。

新型コロナウイルスの広がりに関係して対米ドル相場で円が急騰し、一時101円台の値を付けたのは3月9日。2月20日の終値112円11銭から一気に円高が進んだ。その後3月13日に少し円安へ転じたものの、16日には再び円高傾向での取引となっている。

多くの場合対米ドル相場に連動して変動するのが、対ネパールルピー相場である。もっとも、ネパールルピーはインドルピーと固定相場制[mfn]買値:100インドルピー=160ネパールルピー。売値:100インドルピー=160.15ネパールルピー[/mfn]を取っているため、必ずしも対米ドル円相場での変動が対ネパールルピー円相場に直接反映されるわけではないが、かなりの程度連動する傾向をもっていると言える。

対米ドル相場で一時101円台を付けた翌日の3月10日、長期的にはすでに円高傾向で推移してきた対ネパールルピー相場で、円は前日の1円=Rs.1.117~1.123から急騰して1円=Rs.1.156~1.162の歴史的な高値を記録した。(「Rs.」はルピーの略称。)これは、現在ネパール国立銀行が公表していて入手可能な2000年以降のデータの中で最高値である。その後ある程度は円安へ傾いたものの、3月16日現在は1円=Rs.1.091~1.096と、現在まで引き続き非常に高い円高水準を保っている。

2000年1月1日から現在までの各年の最高値と最安値は以下のとおり。(ネパール国立銀行のデータに基づく。Rs.は1円あたり。)

最高値日付最安値日付
2000年Rs.0.688-0.69411月7日他Rs.0.617-0.6232月23日
2001年Rs.0.651-0.6579月25日Rs.0.578-0.58412月28日
2002年Rs.0.672-0.6787月18日Rs.0.567-0.5721月26日他
2003年Rs.0.691-0.69612月10日Rs.0.620-0.6258月2日他
2004年Rs.0.713-0.71811月26日Rs.0.642-0.6475月11日他
2005年Rs.0.694-0.6991月18日Rs.0.614-0.61912月3日他
2006年Rs.0.664-0.6695月16日Rs.0.595-0.60012月30日他
2007年Rs.0.616-0.6213月6日Rs.0.522-0.5277月10日
2008年Rs.0.863-0.86910月28日他Rs.0.565-0.5701月1日他
2009年Rs.0.890-0.8961月26日Rs.0.771-0.7776月9日
2010年Rs.0.891-0.8989月9日Rs.0.751-0.7575月3日
2011年Rs.10.99-1.10712月16日Rs.0.825-0.8324月7日
2012年Rs.1.147-1.1547月26日Rs.0.954-0.9613月15日
2013年Rs.1.111-1.1188月29日Rs.0.852-0.8585月17日
2014年Rs.0.986-0.9922月6日Rs.0.812-0.81612月8日
2015年Rs.0.894-0.8999月8日Rs.0.800-0.843[mfn]元データに誤植の可能性あり[/mfn]1月3日他
2016年Rs.1.071-1.0777月7日Rs.0.877-0.8821月1日他
2017年Rs.0.959-0.9641月25日Rs.0.900-0.9055月12日
2018年Rs.1.054-1.05910月12日他Rs.0.893-0.8981月6日他
2019年Rs.1.089-1.0949月4日Rs.0.979-0.9844月4日
2020年Rs.1.156-1.1623月10日Rs.1.020-1.0252月21日

(※表中、元のデータの明らかな誤植であると思われる数値は除いてあります。)

-PR-

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする