Webマガジン ニュース・オブ・アジア

建設作業員を載せたトラクターの前に、まさかの形で自転車が立ちはだかる ネパール・ポカラ

3月2日午前11時半ころ、ネパールのポカラで、日本ではまず見ないであろう光景が見られた。トラクターの行く手を一台の自転車が阻んだのだ。しかし、その姿は、私たちの知る自転車の姿ではなかった。

現在、ネパールでは二つの新しい国際空港が建設中だ。そのうちの一つがカスキ群ポカラ市にある。2022年の運用開始を目指しているとのことである。空港だけでなく、その周辺道路も目下工事中である。

工事中とはいえ、ネパールの場合は歩行者は通行止めにはならない。重機が作業するそばを、平気で歩行者が通って行く。バイクや自動車も、可能と見れば通過していく。

これからお昼休憩なのだろう。徒歩で移動中だった記者を、15人から20人はいるであろう建設作業員を荷台に載せたトラクターが追い抜いていく。この光景を写真に収めたい。そう思った瞬間だった。トラクターが急ブレーキをかけ、作業員が二人荷台から飛び降りて前方に走っていく。しかし、雰囲気はなんだか楽しそうだ。

記者も前方に回り込んでみると、理由が分かった。自転車が、立ち上がってトラクターの行く手を阻んでいたのである。

この自転車、荷台に鉄くずをたくさん載せている。この姿勢になってしまった理由は明らかに、過積載である。自転車を荷車の代わりに使う光景はネパールでは日常的だが、さすがにこの光景は珍しい。前方が浮かないように押さえつけながら自転車を押していた手が、荷重に耐えられなくなってしまったのだろう。

トラクターのブレーキが間に合って事なきを得たことを嬉しく思った。

-PR-

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする