Webマガジン ニュース・オブ・アジア

ネパールでも新型コロナ変異種感染者が確認される

ネパールの保健人口省は、1月18日午前1時15分にプレスリリースを出し、イギリスから入国した新型コロナウイルス感染者のうち3人がイギリスの変異種(Lineage B.1.1.7もしくは20B/501Y.V1)に感染していたことが確認されたと発表した。

同リリースによると、感染が確認されたのは28歳の女性と32歳の男性、そして67歳の男性の3人である。このうち、28歳女性と32歳男性はすでにPCRテストで陰性結果が出ており、67歳男性は引き続き陽性であるものの症状はないとされている。

新型コロナウイルス変異種への感染の有無を確認するために検体を香港の検査機関に送付したところ、1月18日にEメールにて3人に変異種への感染が確認された旨の連絡があったという。検体を送付したのは1月11日としている。

※タイトルを修正しました。

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする