Webマガジン ニュース・オブ・アジア

有害な手指消毒剤がネパールでも流通 政府が商品一覧を掲載

ネパールで市販されているサニタイザーのイメージ
(※トップ写真を入れ替えました。左側の製品は、記事内で指摘されているものではありません。)

コロナ感染を防ぐつもりで購入した消毒液が、命とりにもなりかねない。ネパール政府の薬品管理局(Department of Drug Administration)は、人体に有害なメタノール(英語表記:Methanol)を含んだハンドサニタイザー(手指消毒液)が流通していることを確認し、9月16日までに合計7製品の製品名や製造元などを発表している。また、有害物質を含むわけではないものの、ネパールの品質基準に達していない2製品についても公表されている。薬品管理局は、これらの製品の使用・製造・販売を直ちに中止するよう呼び掛けている。

薬品管理局が公表した製品は以下のとおり。ネパール在住者にとって分かりやすいように原文ままのアルファベット表記にしている。なお、メタノールの含有率が公表されているのは、9月16日発表分のみである。

メタノール(Methanol)を含むため危険であるとされたもの

製品名メタノール含有率製造者製造者所在地
Sasa Instant Hand Sanitizer 50ml39.34% v/vSampada Healthcare Pvt. Ltd.Imadol,Lalitpur, Nepal
Unicare Instant Hand Sanitizer 65 ml55% v/vShreenath Herbal & Cosmetic Industry(P) Ltd.Kathmandu, Nepal
Instant Hand Sanitizer-*Nepal Kayakalpa UdyogBhaktapur, Nepal
Instant Hand Sanitizer Original-*Hygiene Soap and Chemical Pvt. Ltd.Kathmandu, Nepal
Advanced Hand Sanitizer-*Adhar Chemicals and Food Industry Pvt. Ltd.Kathmandu, Nepal
Instant Hand Sanitizer Refreshing Gel-*Search Chem Cum Herbal ProductsKathmandu, Nepal
Suryamukhi Hnad Sanitizer-*Suryamukhi Herbal ProductsKathmandu, Nepal
(*数値は未公表)

エタノール(Ethanol)含有率が低く、ネパールの品質基準に満たないとされたもの

製品名エタノール含有率製造者製造者所在地
Opekal Non-washing Antibacterial Solution 120ml68% v/vGuangzhou Obopekal Fine Chemical Co. Ltd.Guangzhou, China
Pamacare Instant Hand Sanitizer 60ml66% v/vRL Corp IndiaValsad, Gujrat, India

アメリカではメタノールによる死亡例も

メタノールとはどれほど危険なアルコールなのか。米食品医薬品局(FDA)の7月2日付報道発表によると、通常は燃料用や凍結防止剤として使用される「メタノールにさらされると、吐き気、嘔吐、頭痛、かすみ目、恒久的な失明、脳卒中、昏睡、中枢神経系の恒久的なダメージ、あるいは死にいたることがある」とされている。そして、皮膚から体内に入ったメタノールによってもメタノール中毒が起こる可能性があり、経口摂取した場合には命にかかわるとし、「(メタノール)製品を手につけることによってもメタノール中毒が引き起こされる危険があるが、これらの製品を誤飲してしまう年少の子供たちと、飲料アルコール(エタノール)の代替としてそれらの製品を飲用する青少年や大人には、それ(手指消毒としての使用)よりもさらに大きな危険がある。メタノールを含むサニタイザーに触れてきた人で症状が表れている人は、メタノール中毒の中毒作用を止めるために直ちに医学的処置を受けるべきである」と述べている。年少の子供たち、特に幼児は良い香りや明るい色の容器に魅せられて誤飲してしまう可能性があり、そういったケースが増えていることも警告している。

同じ報道発表には、次のようにも記されている。「当局は、エタノール製品としてラベルに記載されていながら、(メチルアルコールとしても知られる)メタノールによって汚染されていることを示す検査結果が出るハンドサニタイザー製品が増加しているのを確認している。州当局は、メタノールによって汚染されたハンドサニタイザー製品を口にしたことで、失明、入院、死亡するなどした大人と子供の最近の有害事例をも報告している。」

ネパールの薬品管理局による今回の発表も、市販されているハンドサニタイザーのサンプル検査を行って成分内容を確認した結果によるものだ。

では、実際に自分の手元にあるものがこういった製品だった場合はどうしたらよいのか。FDAは、可能であれば危険ゴミとして出すか、その他地元の取り決めに従って容器ごと処理するようにし、ハンドサニタイザーを排水溝に流したり他の液体と混ぜたりしないように、としている。

9月20日、ネパール全体で新たに新型コロナウイルスの感染者が1,325人加えられた。また、10人の死亡が確認されたことが伝えられている。これで累計の感染者数は64,122人、死者数は411人に達した。直近1週間の1日あたりの平均感染者数は1,423人である。

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする