Webマガジン ニュース・オブ・アジア

【速報】コロナ感染による累計死者数50人超え―7月30日、ネパール

2020年7月30日にネパールの保健人口省が開いた記者ブリーフィングにおいて、同省報道官ジャゲシュオル・ゴウタム氏は、ネパールにおけるコロナ感染に関連した死者が直近24時間以内にに3人加えられたことを発表した。これで、ネパールでの累計死者数は52人に達した。この日に死亡したのは、パルサ郡の2人とモラン郡の1人である。(※ブリーフィングの様子は保健人口省の公式サイト等でご覧いただけます。)

パルサ郡は現在、市中感染が起きている可能性がメディア上で指摘されている。さらに、この日の記者ブリーフィングでジャゲシュオル・ゴウタム氏はインド国境からネパールへ入国する人の数が減少していることに言及した。また、同氏によれば、3箇所のカトマンズ入境地点では10,000個の検体採取を目標として入境者を対象としたPCR検査が実施されており、この日までに8,401人分の検体が採取され、そのうち24件について検査結果が出たという。それらの検査結果は公表されなかった。

また、同氏はこれからネパールではイスラム教徒とヒンズー教徒の祝祭が続くことに対して感染予防の観点から懸念を表明し、例年どおりの規模・方法では祝わずに感染予防に努めるよう呼び掛けている。

この日、口頭で報告された感染者数は277人。累計感染者数は19,500人を超えている。(ソーシャルメディア上で公開された書面では274人となっている。)

累計感染者数の情報は、トップページに掲載してあります。

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする