Webマガジン ニュース・オブ・アジア

【写真・動画ギャラリー】ロックダウウン緩和初日の様子 ネパール・ポカラ

83日間続いた全土ロックダウンが緩和されたネパール。6月15日から緩和第1段階目がスタートした。全面解除ではないものの、街は徐々に動き出している。

ネパール髄一の観光地、ポカラ市の様子を写真ギャラリーと動画でお届けする。ロックダウン中でいつもよりも道が広く感じる状況だが、2つ目の動画には、運転に十分に気をつけたいと思わせるシーンが映り込んでいる。コロナだけに気を取られていてはいけないことを思い起こさせてくれる瞬間だ。

ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラを、写真で

ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、ソーシャルディスタンシングは保たれるか
物理的距離を保つための印だけが空しく残る
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、プリットゥヴィ・チョークへ通じる橋
プリッティビ・チョークに続く橋の上から
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、建設作業中
作業はすでに始まっていた
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、プリットゥヴィ・チョークから東2
プリットゥビ・チョークのバス停前
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、プリットゥヴィ・チョークのバス停前
バス停には誰もいない
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、プリットゥヴィ・チョークのバス停
この先200kmに首都カトマンズがあるが、長距離バスはまだ出ていない
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、店舗に貼られたロープは意味を成さない
店舗前にはロープを張って客との距離を保とうとしているが…
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、メインストリートであるニューロード
メインストリートも交通量は少ない
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、サバグリハチョーク前の商店街
ロックダウン前には人で賑わっていたこの場所もまだ閑散としている
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、水道工事中のプリットゥヴィ・チョーク2
やはりこの機会に、普段交通量の多い場所の工事が進められた
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、水道工事中のプリットゥヴィ・チョーク
工事は進む
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、最大の交差点プリットゥヴィ・チョーク
プリットゥビ・チョークの中心
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、飲食店は休業中
まだ飲食店の営業再開はしていない
ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラ、店舗前で安眠中の犬
いたずらに気づかず店先で熟睡している犬。ロックダウンの緊張をしばし忘れさせてくれた

ロックダウン緩和初日のネパール・ポカラを、動画で

(プリットゥヴィ・ハイウェイをこのまままっすぐ西へ行けば200km先にカトマンズがある。画面左側はバス停や、長距離バス用のチケットカウンターなどが並ぶ。コロナ禍前にこれほど穏やかだったことがあっただろうか。2020年6月15日午後2時23分撮影)

(空いた道でも運転には十分気をつけたい。2020年6月15日午後2時14分撮影)

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする