Webマガジン ニュース・オブ・アジア

MDMS完全実施を延期 個人持ち込みの携帯端末も登録せずに使用可能に-ネパール

現地報道によると、ネパール通信局は携帯端末管理システム(MDMS)の完全実施を現時点においてはキャンセルし、個人が持ち込む携帯端末への関税適用とシステムへの登録義務化を延期した。空港税関においても納税証明書の発行は行われていないという。

ネパールでは、携帯端末の違法輸入や盗難・紛失端末対策として、30日より全端末のMDMSへの登録が完全義務化されることが発表されていた。また、個人が持ち込む携帯端末の管理を目的として、個人が持ち込むすべての端末に関して税関手続きを行うことが義務付けられると共に、免税対象となるのは1台のみで、2台目には18%の関税がかかり、3台以上の持ち込みは禁止されることとなっていたと報じられている。

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)