Webマガジン ニュース・オブ・アジア

ネパールでデング熱が流行中 日本大使館が注意呼びかけ

在ネパール日本大使館は、先月31日、ネパールでデング熱感染が増加しているとして、邦人に対して注意喚起を行った。

それによると、「今年はこれまでに、ネパール全土で3,000人に近いデング熱の感染例が報告されており、その多くがラリトプル(パタン)やカトマンズを含むカトマンズ盆地内で発生して」いる。また、「特に8月中旬以降は急激に感染者数が増加しており、一部の病院ではベッドや検査キットの不足も出始めているよう」だとのこと。これは、ネパール全土で約18,000人が感染して6人が死亡した2019年の大流行を上回るペースであるという。そして、今後「モンスーン後の9月や10月にもデング熱感染者が増加すると考えられる」としている。

大使館は参考として以下の予防策を挙げている。

  1. 長袖、長ズボンを着用し(なるべく白か明るい色)、素足のサンダル履きは避ける。
  2. 虫除け剤等の使用によって、屋外だけでなく屋内でも蚊に刺されないように注意する。虫除け剤はDEETや乳幼児にはイカリジンを配合のものを使用し、使用法に従って、有効時間が切れる前に塗り直す。
  3. 室内の蚊の駆除を心掛ける。特にネッタイシマカは屋内に侵入して、机の下やタンスの中にも潜んでいるため注意する。
  4. バルコニーの水たまりなど、蚊の幼虫の発生源を作らないようにする。

詳細情報は以下のサイトで確認できる。

●厚生労働省検疫所FORTH デング熱
https://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name33.html

●国立感染症研究所 デング熱とは
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/238-dengue-info.html

※内容を一部修正しました。

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする