Webマガジン ニュース・オブ・アジア

ネパール中央銀行、仮想通貨の取引やネットワーク商法等が違法であると再度周知

ネパール中央銀行(国家銀行)の外国為替管理部は15日、ビットコインやステーブルコインなどの仮想通貨取引が違法であることを改めて告知した。仮想通貨取引やピラミッド型のネットワーク商法、ハイパーファンド取引を行った人や企業・団体は罰則が適用されるという。

対象には、ネパール国内に所在する企業やネパール国民だけでなく、ネパールに居住する外国人やネパールに登記がある企業・団体の在外支店・支部、国外在住のネパール国民も含まれている。

仮想通貨取引が違法であることを伝えるネパール中央銀行の告知2022年8月15日
(通知「Virtual Currency/Criptocurrency, Network Marketing तथा Hyper Fund करोबार गैरकानूनी रहेको सम्बन्धी सूचना」の切り抜き(https;//https://www.nrb.org.np/contents/uploads/2022/08/FXMD-Notice-2_207980_Cryptocurrecy.pdf))

同行は、「ネパールにおいて外国為替もしくは貨幣としてVirtual Currency/Cryptocurrency (Stablecoinsを含む)は合法化されておらず、ネパールの法定通貨ではなく、ネパール政府の保証がなく、当行は発行しておらず、かつ、いかなる保障もないゆえに、Virtual Currency/Cryptocurrency (Stablecoinsを含む)の取引は違法とされています。Virtual Currency/Cryptocurrency (Stablecoinsを含む)、ピラミッド型ネットワーク商法、およびハイパーファンドには、マネーロンダリングやテロ活動への資金提供、詐欺、脱税、投資金消失、資本流出、レートの不安定さや急激な変動、両替による利益創出などの危険が隠れてていることについても注意喚起がなされている」としている。

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする