Webマガジン ニュース・オブ・アジア

水際対策変更でネパール等が「青」区分に 入国時の検査、入国後待機なし 27日からー日本

日本の外務省は21日、新型コロナウイルス感染拡大防止のための新たな水際対策措置について発表した。パキスタンとフィジーが「赤」区分から「黄」区分へと変更され、ネパール、ペルー、モルドバ、西サハラが「青」区分へと変更されることになった。

これにより、パキスタンとフィジーからの入国者でも、ワクチン3回目接種者には、入国時検査も入国後の自宅待機もなしとなった。

さらに、「青」区分となる国からの入国者に対しては、ワクチン3回目接種が済んでいてもいなくても、入国時の検査も入国後の自宅等待機も求められないこととなった。

なお、これらの国からの渡航者であっても、出発前72時間以内の検査は引き続き求められている。

今回の措置が適用されるのは7月27日午前0時から。

新たな区分は以下のとおり。

新たな水際対策措置でネパール等が「青」区分に 2022年7月21日
(画像は、外務省HPから)
編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする