Webマガジン ニュース・オブ・アジア

円安ネパールルピー高急進 一時100円=97ルピー台に

円安傾向は対ネパールルピーでも強まっている。

対米ドル相場で1ドル123円台まで円安が進行した28日、対ネパールルピー相場でも円安が進んだ。約3年ぶりの水準となる、買値100円=約100.1ルピー、売値100円=99.6ルピーを付けた。

29日にはさらに円安が進行して、買値100円=98.3ルピー、売値100円=97.8ルピーにまで下がっている。30日のレートは買値100円=98.7ルピー、売値100円=98.2ルピー。

外国為替レートを通知しているネパール国立銀行の統計によると、これ以前に100円=100ルピーを下回っていたのは、2019年5月6日が最後だった。その時の買値は100円=100ルピー、売値100円=99.4ルピーだった。

一方で、その後徐々に円高が進み2020年3月に100円=110ルピーを突破、同年4月から2021年2月17日までの期間に渡って同水準での取引が続いていた。最高値は2020年3月10日の買値100円=116.2ルピー、売値100円=115.6ルピーで、これは記録が入手可能な過去20年間で最高値となっていた。

(※記事内の「売」「買」は円を基準としています。また、ネパール国立銀行は10円あたりの為替レートを掲載していますが、分かりやすさのために当サイトで100円あたりに換算しています。)

-PR-

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする