Webマガジン ニュース・オブ・アジア

トリブバン国際空港入管職員、勤務中の私物携帯電話の使用禁止に-ネパール

ネパールのトリブバン国際空港ビルディング
(ネパールのトリブバン国際空港ビルディング=2021年7月撮影)

ネパールの入国管理局は、1月28日、トリブバン国際空港内の入国管理事務所職員に対し、勤務中の私物携帯電話の利用を禁じる通知をウェブサイト上で公開した。通知発出の日付は1月17日。この決定は「携帯電話サービスの秩序化、効率化、および勤務時間中の職務への集中」を目的としたもの。

この決定によると、今後職員は、勤務時間中、固定電話と支給される公用携帯電話のみの使用が認められる。個人所有の携帯電話はすべて、ロッカーに保管するか各部署の責任者に預けることが求められるという。個人所有の携帯電話を使用する必要が生じた場合には、上級入国管理官への報告と許可の取得が求められている。

-PR-

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする