Webマガジン ニュース・オブ・アジア

67か国・地域からの入国者に7日間隔離措置発表後、延期ーネパールのオミクロン株対策

オミクロン株対応措置の延期を伝えるネパール入国管理局のHP
(画像は、ネパールの入国管理局HPから。オミクロン株対応措置の延期を伝えている。2021年12月18日)

ネパールの入国管理局は18日、新たに発表されたオミクロン株感染拡大防止措置を延期するとHPに掲載した。今回延期された措置は17日に発表されたもので、延期の期間は、次の告知があるまで、としている。

17日に発表された新たな措置はすでにHP上から削除されているが、現地報道によれば、アメリカ、イギリス、ロシア、ドイツ、韓国などといった67か国・地域からの入国者に対して入国後7日間隔離施設への入所を求めるものであった。その後、PCRテストで陰性が確認された人たちは、7日間の自宅等待機に移り、合計14日間の隔離が求められるという内容のものであったようだ。入国管理局は、現時点では、9月24日付と12月2日付の告知内容が有効であると案内している。

今回の規制強化対象に日本は含まれていないものの、ネパール渡航を計画中の人は引き続き最新情報に注意が求められる。

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする