Webマガジン ニュース・オブ・アジア

ネパール語の進行形

合同会社アジア・パブリック・インフォメーションがお届けする、本気でネパール語を習得したい人のための解説ページ。今回は、進行形について解説していきます。今まさにネパール語学習が進行中の読者の皆さんにとって、とてもホットなテーマです。進行形がマスターできてしまえば、次に完了形を覚えるだけで、これまで長期間にわたって扱ってきた、時制に関するテーマにはほぼ完結します。それでは早速始めましょう!

まずは、“真の”現在時制「दो」を知る

ネパール語の進行形について深く理解する上で大切なのは、“真の“現在時制とも呼べる「दो」の形を知ることです。こういう言い方をするのは、現在時制がカバーする範囲は意外と広く、今この瞬間、まさに現在のことに限定されていないからです。

「私はネパール語を勉強します。」という例文を考えてみましょう。ネパール語では、

म नेपाली पढ्छु।

ですね。

この表現、文法用語としては現在時制(現在形)以外の何物でもありません。ですが、実際に表現されている考えは、今この瞬間のことに限定されているわけではありません。ネパール語学習が去年から今まで継続中で今後も続けるということも言えます。これから学校に通ってネパール語を勉強するつもりだ、ということも言えます。まだ学校に通い始めていないのに、です。

さらに、「ネパール語学習は難しい」という表現を考えてみましょう。このような普遍的・一般的な事実をいう表現では、「時」の概念はほとんど存在感をなくしていますね。それでも、文法上、時制を言うとすれば、「現在」です。

「दो」は、「まさに今のこと」を言う

では、まさに現在のこと、まさに今のことを言いたい時にはどうすればいいのでしょうか。ここで登場するのが、「दो」です。これは、動詞の活用の一つで、最後の「छ」系変化が付く位置に来ます。

今の時世でよく使われる表現を例にとって考えてみましょう。

संक्रमितको सङ्ख्या घट्दो छ।

「感染者数が減っている」という意味です。「घट्नु(減る)」の主語が三単現ですので、現在形は「घट्छ」ですね。これが「घट्दो छ」という形を取っています。これによって、「感染者数が減る」という意味から「感染者数が減って(きて)いる」という意味に変わりました。

まさに今減っている途上にあるという状況を言っているわけです。

なお、一般によく使用される表現として、「संक्रमितको सङ्ख्या घट्दो क्रममा छ।」というものがあります。「क्रम」というのは、「徐々に進行している状態・こと」を指す名詞です。「घट्दो」という“真の”現在形が、現在分詞の様に名詞を修飾できることが分かります。他にも、「कस्तो नचाहिँदो कुरा!(ほんとに迷惑な話しだ!)」と言ったような言い回しもあります。やはり、「कुरा(話)」という名詞を修飾していますね。「यो कुरा अचम्म लाग्दो छ।」と言えば、「この話は驚きだ」となります。

(補足:「दो」を現在形として説明していますが、過去のある瞬間においてそうであったということを言うために使用することもできます。例えば、「त्यो कुरा अचम्म लाग्दो थियो।」と言えば、「その話は驚きだったんだ」となります。)

さて、ここで「『दो』が、まさに今のことを言っているのであれば、それは進行形そのものなのでは…?」と思った方、かなりいい線に来ています。実際、進行形はこの延長線上にあると言えます。ですが、まずは進行形だけでなく、ネパール語全般に当てはまる強意・強調の形を見ていきましょう。

ネパール語の強意・強調形「ै」

ネパール語では、単語末尾の母音「अ」「आ」「ओ」を「ऐ( ै) 」の音に変えることで強意・強調がなされます。単語末尾にある母音のない子音に「ै」を付けることもできます。

例えば、ネパールの外資系通信会社が以前使用していたキャッチコピーに「(会社名) नेपालकै लागि हो।」というのがありました。通常なら「(会社名)नेपालको लागि हो।」となるところです。この形のままであれば「(会社名)はネパールのためです。」という意味になりますが、「नेपालको(ネパールの)」の「को」を「कै」に変えて「नेपालकै」としたていることで、「(会社名)はまさにネパールのためです。」という意味が伝わるようになっていたわけです。

他にも、「म नेपालमा छु।」という代わりに「म नेपालमै छु।」と言えば、単に「私はネパールにいます」という事実を伝えるだけでなく、「ネパールに」という部分を強調して伝えることができます。同じように、そもそも強調のための「とても」という意味を伝える「एकदम」という単語も、さらに強調して「एकदमै」と言えます。

なお、「अ」、「आ」、「ओ」以外の母音の場合には、別の仕方で強調がなされます。この仕方については、またの機会に。

今回のテーマである進行形には、この「ओ」の音を「ऐ( ै)」に変えることで強意・強調がなされる、というところが関わってきます。

ネパールの木々
(ネパールのカトマンズからシンドゥリへ通ずるハイウェイ沿いの木々)

進行形は、「(動詞)दै」+「छ」系

ネパール語の進行形は、まさに今のことを言っている“真の”現在時制「दो」を強意・強調して「दै」に変えることで形成されます。

例えば、「(私は)今食事中です。」というネパール語は次のようになります。

अहिले खाना खाँदै छु।

「ै」が出てきましたね。「म लेख्दै छु।」と言えば、「私が書いています」という意味です。もちろん、最後の「छु」の部分は、主語に応じて「छ」系変化します。例えば、「तिनीहरू धेरै हाँस्दै छन्।(彼らめっちゃ笑ってるな)」といった具合です。

「(動詞)दै」+「हो」系もある

このように、ネパール語の進行形において基本は「छ」系が用いられるのですが、「हो」系、というよりは「हो」が用いられることもままあります。

例えば、「अहिले खाना खाँदै हो?」という表現。口調によって意味が変わりますが、穏やかに尋ねれば「今食事中かな?」という意味ですし、驚いた口調で尋ねれば、「今食べてるの!?」といったような意味になります。

使い分けが難しいところですが、「छ」系の場合は直前の進行形動詞を受けているのに対して、「हो」の場合は進行形動詞を含んだ文全体で言いたいことを受けている、といったイメージです。今の例で言えば、「今食事が進行中であるということ」を「हो?(ですか?)」と受けていると言えます。もちろん、疑問文だけでなく、肯定文でも使えます。

-PR-

高尊敬の主語では、進行形は2種類。でも意味は同じ

さて、覚えておられる方も多いと思いますが、「हो」系であれ「छ」系であれ、主語の尊敬度が高い場合は同じ形をとります。「हुनुहुन्छ」ですね。例えば、「お父さんが呼んでいます。」という表現。

बुबाले बोलाउँदै हुनुहुन्छ।

となります。

これだけなら、進行形の作り方が統一されていてシンプルなのですが、、、実はもう一パターン存在しています。それが、こちら。

बुबाले बोलाउनु हुँदैछ।

パッと見、意味合いが違いそうです。でも、同じ意味です。「お父さんが呼んでいます。」です。もっとも、字義的には異なります。こちらは「お父さんが呼ぶことが進行中です」という字義になります。とはいえ、実際の意味には何の違いもありません。

「हुनु」の進行形では後者

とはいえ、後者の形も覚えておくと役に立つ場面があります。それは、尊敬度の高い主語に対して「हुनु」の進行形を使う時です。例えば、「元気になってきましたか?(回復しつつありますか?)」と尋ねる場面。

तपाईं सञ्चो हुँदै हुनुहुन्छ?

という言い方はされません。実際に声に出してみると分かりますが、くどいですよね。この場合には、次の形が用いられます。

तपाईं सञ्चो हुनु हुँदैछ?

あるいは、主語についての解説で出てきた「意味上の主語」を使って、次の言い方がされることも多くあります。

तपाईंलाई सञ्चो हुँदैछ?

過去進行形も「दै」は変わらない

現在進行形があれば、過去進行形もあります。その場合も、「दै」の部分は変わりません。現在か過去かを決めるのは、最後の「हुनु」の部分です。英語で「ing」のついた動詞ではなくてbe動詞で時制が決定されるのと同じですね。

「(その時私は)ネパール語を勉強していました。」と言いたい時は、以下のように言えます。

नेपाली पढ्दै थिएँ।

否定形では進行形はほぼ使われない

さて、否定形については少し注意が必要です。上の例文で考えてみると、日本語の場合は「(その時私は)ネパール語を勉強していませんでした」と文末を変えればいいだけです。英語では、notを使えばいいだけです。ところが、ネパール語では、そうはいきません。最後の「हुनु」を否定形にして済めばいいのですが、そうはいかないのです。これには、「今まさにこの時」を表わしている「दो」の強調形である「दै」を否定しても、否定されるのはその瞬間-ほんの一瞬ーのことだけであり、瞬間瞬間が連続して「進行」していく事柄全体を否定することにならないからではないか、と考えられます。

もっとも、子供やネパール語が第一言語でない人たちの間では「छैन」や「थिएन」を使った否定表現を耳にしたことがないわけではありません。

とはいえ、通常は、進行形を否定をするには、持続を表わす「रहनु」という動詞を用いた完了形を使用して「नेपाली पढिरहेको छैनँ।」「नेपाली पढिरहेको थिइनँ।」という形を使います。もちろん、最後の「हुनु」は動詞に対応して変化します。これについてはまた完了形を扱った後で詳述したいと思っています。

(補足:これに対し、「(動詞)दो」が使用された否定文では、それに続く「हुनु」が否定形にされます。例えば、「その話は驚きではなかった」と言うには、「त्यो कुरा अचम्म लाग्दो थिएन।」と言えます。)

進行形で近未来を表わすことも?

現在進行形が近未来を表わすこともあり得ます。これについては、前回の未来時制についての解説で扱われていますので、そちらをご覧ください。

進行形の表記に関して一言

最後になりましたが、進行形の表記について一言添えておきたいと思います。今回の記事を読んでいてお気づきになった方もおられるかも知れませんが、「दै」の直後にそのままつなげて「हुनु」が表記されているものと、スペースを開けて表記されているものと両方が用いられています。これは間違いではありません。現状、ネパール国内でも両方とも用いられているのが実情です。

とはいえ、「बोलाउँदैहुनुहुन्छ」といったように「हुनुहुन्छ」を続けて表記することはなく、「बोलाउँदै हुनुहुन्छ」と必ず離して表記されます。公文書では「छु」や「छ」も離して表記されていることが一般的なようです。「खाँदैहो」といったように「हो」が連続表記されることはありません。

もともと、「(動詞)दो」という状態「छ(である)」という構造だったと考えるならば、「दै」にした後もやはり離して表記する方が自然なのかとも感じます。しかし、単語によっては離して表記すると違和感が生じることもあり、やはり両者共存しているというのが現状です。

まとめ

ネパール語の進行形について解説してきました。それでは、本解説のまとめです。

・“真の”現在形は「(動詞)दो」の形をとる
・「(動詞)दो」は現在分詞的に名詞を修飾できる
・「(動詞)दै」は「(動詞)दो」の強意・強調形
・「(動詞)दै」+「हुनु」で進行形になる
・「हुनु」は基本的には「छ」系だが、「हो」が使われることも
・高尊敬形では、表記は2種類。でも意味は同じだよ
・現在と過去の時制要素は「हुनु」で決める
・進行形の否定形には「रहनु」を使った完了形で
・「(動詞)दै」と「हुनु」の間のスペースはあったりなかったり

次回は、完了形です。ネパール語学習完了を目指して進行していきましょう!

(※当サイトを運営する合同会社アジア・パブリック・インフォメーションは、ネパール語翻訳のご依頼も承っております。詳しくは、弊社公式ホームページをご覧ください。)

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする