Webマガジン ニュース・オブ・アジア

【沖縄移住コラム】移住計画:買い物編 その3

記事公開日: 2021年2月1日

移住計画:買い物編 その3

筆者は初めての土地に行く時、地元のスーパーに入るのが楽しみの一つになっています。先回のコラムでは沖縄のスーパーではレジで袋詰サービスが標準だとご紹介しましたが、他にはどんな特徴があるでしょうか。

果物と野菜のコーナー

日本のスーパーはどこの土地に行っても商品棚のレイアウトはだいたい同じような感じになっていると思います。入ってすぐのところに果物や野菜のコーナーがありますよね。沖縄のスーパーも同様です。素通りせずよく見てみると、沖縄らしさを見つけることができます。果物コーナーには「ドラゴンフルーツ」や「パッションフルーツ」などのトロピカルフルーツがあり、野菜のコーナーには「ハンダマ」や「うりずん豆」、「紅芋」、「島唐辛子」などの島野菜が陳列されています。沖縄からさつま芋の類は持ち出せないことになっているので、生の「紅芋」は関東ではそれほど見かけないものです。ただ、「紅芋タルト」などのスイーツの印象が強くて、蒸して食べたら甘くて美味しいのかなと思うのですが、実際はそのま

まではそれほど甘くないです。甘みを加えてお菓子にするととても美味しいですね。野菜コーナーで珍しく感じるのは「ナーベラー」かもしれません。これは「へちま」のことです。沖縄には「へちま」が好物だと言う人が結構います。沖縄料理では「ゴーヤーチャンプルー」が有名ですが、「ナーベラーチャンプルー」の方が好きという人もいるんですよ。それから、スーパーで普通に売っているものではないですが、パパイヤも果物として食べるよりも、特に青いパパイヤを野菜として調理することが多いようです。

沖縄の島唐辛子
(島唐辛子)

“あちこーこー”のお豆腐コーナー

少し進むと、意外なほど大きな豆腐のコーナーがあります。買い物をしていると、「できたての豆腐が入荷しました」とアナウンスが流れたりもします。実はこのできたてで「あちこーこー(熱々)」の豆腐をスーパーで買えるのは沖縄だけなのだそうです。そのあたりの「お豆腐事情」は今後また別のコラムで詳しくご説明したいと思います。いずれにしても、とても大豆の香りを力強く感じる美味しいお豆腐をいただくことができますよ。

次回も、スーパーをもう少し奥まで行ってみたいと思います。

※このコラムは画像を含め社外コラムニストから提供されたものであり、「Webマガジン ニュース・オブ・アジア」編集部および合同会社アジア・パブリック・インフォメーションが内容の正確性・最新性を保証するものではありません。ただし、画像は一部編集部にて加工・修正してある場合があります。また、コラム内で表現されている考えは当社の考えを代表しているものではありません。コラムニストの信頼性もしくは誠実さは十分に確認されておりますが、情報の利用は当サイトご利用者様ご自身の責任でお願いいたします。

【PR】

長期熟成泡盛 うみそら

25度[焼酎700ml]アサヒビール

(画像やテキストリンクをクリックするとのアマゾンのサイトが開きます。)

【PR】

長期熟成泡盛 うみそら

25度[焼酎700ml]アサヒビール

(画像やテキストリンクをクリックするとのアマゾンのサイトが開きます。)

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)

PR

ネパール語でお困りですか?

合同会社アジア・パブリック・インフォメーションがお手伝いいたします!

最新 Topics