Webマガジン ニュース・オブ・アジア

【沖縄移住コラム】沖縄の食文化 その2 沖縄の汁物

沖縄県の汁物料理、いなむるち
(沖縄県の料理、いなむるち。「しゃぶしゃぶ NAKAMA」にてコラムニスト撮影)

沖縄の食文化 その2 沖縄の汁物

沖縄には食堂がたくさんあります。安くて、気軽に入れて、美味しいお店がたくさんあるので、外食は生活の一部になっています。

基本のみそ汁

よく見かけるのは、いわゆる「食堂」で、チャンプルーなどの定食も、そばも一通りそろっています。ボリュームもたっぷりでおなか一杯になりますよ。食堂のメニューを見ていると、「みそ汁」というメニューをよく目にします。みそ汁のおいしさは子供のころには分かりませんでしたが、疲れているときや寒い時などは本当にほっとしますね。日本のどこの地方でもみそ汁は一般的に食べられていますが、沖縄でも人気のようですね。沖縄のみそ汁は豆腐や野菜がたっぷり入った、ボリューム満点のみそ汁です。しかも、どんぶりのような器に入っていて、注文するとご飯などとセットの定食として出てくるのです。みそ汁はただの汁物というよりも立派なおかずになっているんですね。具材には葉物野菜が入っていることが多くて、レタスが入ることもあります。それに肉類やポーク(スパムなど)、玉子が入ることがあります。

別格のみそ汁「いなむるち」

みそ汁の中でも代表格なのは「いなむるち」または「いなむどぅち」です。お祝いの時などによく作られるそうですが、シイタケやこんにゃく、豚肉やかまぼこを入れた具沢山みそ汁です。具材と甘い白みそが、粕汁のような深い味わいを出して、とても美味しいですよ。

動物園の香り?

みそ汁のほかにも、沖縄ではボリュームたっぷりの汁物を楽しむことができます。たとえば「中身汁」が有名です。「中身」とはモツのことです。つまり豚の内臓を使った汁物です。これはみそ味にはしないようですね。

珍しいものが好きな方は「山羊汁」はいかがでしょうか。山羊の骨と肉を煮込んだ汁物です。スタミナがつくといわれていますが、臭いがすごいと言われており、好き嫌いが分かれるようです。単にマトンのような臭いがするという訳ではなく、動物園のような獣臭がして、食べた後も口や体から余韻が出てくるという人もいます。フーチバー(よもぎ)をトッピングするのは、臭い消しのためでもあるそうですよ。

もっと挑戦しやすいのは「イカ墨汁」です。真っ黒な見た目で、これを飲み干せるだろうかと思ってしまい、イカ墨パスタよりも食べにくそうに思うかもしれませんが、食べてみると臭みもなく、コクとうまみで箸が止まりません。

沖縄そばのお店で汁物のメニューを見かけることもあるので、ぜひ挑戦してみてください。

※このコラムは画像を含め社外コラムニストから提供されたものであり、「Webマガジン ニュース・オブ・アジア」編集部および合同会社アジア・パブリック・インフォメーションが内容の正確性・最新性を保証するものではありません。ただし、画像・文章の一部は編集部にて取得、あるいは加工、修正してある場合があります。また、コラム内で表現されている考えは当社の考えを代表しているものではありません。コラムニストの信頼性もしくは誠実さは十分に確認されておりますが、情報の利用は当サイトご利用者様ご自身の責任でお願いいたします。

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする