Webマガジン ニュース・オブ・アジア

【沖縄移住コラム】沖縄の方言 その2

沖縄の方言イメージ2
(沖縄の港を歩く猫)

沖縄の方言 その2

普段沖縄で話されているのは「うちな~やまとぐち」といわれる沖縄方言です。あまり普段から挨拶で「はいさい」とか、感謝する時に「にふぇーでびる」とかは言わないようです。でも独特な表現が使われていることもあるので、ご紹介したいと思います。

「でーじ」 

「でーじ」は、すごくとか、とてもという意味があります。「でーじ美味しい」といった使い方ができます。また、「でーじ」にはトラブル的な意味合いで大変という意味もあるようです。

「~しましょうね」

「~しましょうね」は方言と言えるか分かりませんが、関東で育った筆者が沖縄に移住して最初に独特の表現だと感じたものでした。関東地方では、「一緒に~しましょうね」というニュアンスがあると思いますが、沖縄では殆どの場合「私はこれから~しますね」というニュアンスになります。実際にこれを相手から言われると、なぜだかとても温かい、ホッとした気持ちになるんですよ。「~しようね」ということもあります。こう言われても、誘われているわけではないことを思い出してくださいね。

「~だはず」

「~だはず」も独特なニュアンスで使われます。「~のはず」という表現と似ているようで少し違います。どこが違うかと言うと、「はず」の確実さとでもいいましょうか。確率がどうも低いのです。皆さんは「はず」と言う時、どれくらい確実だと思ってそう言うでしょうか。いろいろな人に聞いてみましたが、関東の人の場合は80%くらい、でも沖縄の人は低い人では10%でも確率があれば「~だはず」と使うようです。もっとも10%は少し特殊かもしれません。

「じょーとー」

「じょーとー」はしょっちゅう耳にします。関東では「上等」はデパートで売っている高級メロンのようなイメージがあるかもしれません。でも沖縄では普通に良いと「じょーとー」と言います。

「だからよ」

「だからよ」と相槌を打たれても、「だから前に言った通りでしょ」という意味でも、他に特別な意味もありません。「ほんとそれ」とか「だよね」という意味で言っているに過ぎませんので、深く考えないようにしましょう。

ご紹介した表現の中には、九州地方の表現にも似たようなニュアンスのものもあるようですね。筆者は他にも語尾として「~さーね」というのも大好きです。南国のおおらかなイントネーションと表現は癒やされますね。

※このコラムは画像を含め社外コラムニストから提供されたものであり、「Webマガジン ニュース・オブ・アジア」編集部および合同会社アジア・パブリック・インフォメーションが内容の正確性・最新性を保証するものではありません。ただし、画像・文章の一部は編集部にて取得、あるいは加工、修正してある場合があります。また、コラム内で表現されている考えは当社の考えを代表しているものではありません。コラムニストの信頼性もしくは誠実さは十分に確認されておりますが、情報の利用は当サイトご利用者様ご自身の責任でお願いいたします。

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする