Webマガジン ニュース・オブ・アジア

【沖縄移住コラム】移住計画:買い物編 その8

記事公開日: 2021年4月15日
沖縄の通販事情

移住計画:買い物編 その8

沖縄は離島ですが(もっとも、日本列島全体が島ですが)、現代社会のインフラの恩恵を受けて、普段の生活で不便を感じることは殆どありません。買い物についてもそうです。北海道から九州まであらゆる地方の品物を購入することが可能です。今回は通信販売に注目して見ましょう。

送料と所要日数は?

特にこのご時世では通信販売を有効活用する方も増えていますね。ただし、「アマゾン」などの通信販売をよく利用される方にとっては、「離島」であることを痛感させられるかもしれません。「北海道から九州まであらゆる地方の品物を購入することが可能です。」と前述しましたが、可能ではあるものの届くのに時間がかかることがあるのです。もちろんすべての宅配便や郵便が日数を要するというわけではありません。普通は出荷されてから翌々日には大抵の地方からの荷物が手元に届きます。素晴らしいですね。こんなに早いのは飛行機で荷物を運んでいるからです。もし飛行機でなければ船で運んで来ることになりますが、それには1週間前後かかってしまうのです。そして、通信販売で購入したものが必ずしも航空便で届くわけではないということを覚えておかなければならないのです。例えば「アマゾン」は普通に購入すると殆どの場合、船便で発送されますので1週間後の到着を覚悟してください。「ヨドバシ・ドット・コム」も同様です。以前は航空便ですぐに届いていたのですが、需要が多くなったからか、現在は船便になっているようです。とはいっても、送料無料で届くのですから、大変助かりますよね。「楽天市場」や「ヤフーショッピング」などのショッピングモール系は、航空便で届くことが多いようです。ただし、よく確認しないと「送料無料」で購入しても、小さく「北海道と沖縄は別途」と書いてあることが多いので注意してくださいね。追加送料は数百円の事もあれば、千円以上することもあります。

フリマ・アプリでの売買

フリーマーケットのアプリなどを使って個人売買をされる方も増えています。普通は宅配便は距離が離れていると送料が高くなりますが、フリマ・アプリの配達は特約があるので全国一律料金となっているので安心して利用できます。ただし大型家具などの一律料金(らくらく家財メルカリ便など)は沖縄は除外となっています。特に記載はされていないのですが、「メルカリ」は無条件に船便、「ペイペイフリマ」は品物によっては航空便も使用されるようです。

沖縄発着の宅配便は特別扱いです。航空便にするか船便にするか、宅配業者さんが判断しなければならないので、神経を使うのです。沖縄発の場合、航空便に積載できない品物が入っていないか、発送する人はチェックリストに署名する必要があります。もっとも、入っていても送れないわけではなく、船便になって時間が掛かるだけですよ。

ますます世界各地との距離を感じなくなる時代ですね。沖縄の移住もかなりハードルが下がっているのかもしれません。

※このコラムは画像を含め社外コラムニストから提供されたものであり、「Webマガジン ニュース・オブ・アジア」編集部および合同会社アジア・パブリック・インフォメーションが内容の正確性・最新性を保証するものではありません。ただし、画像は一部編集部にて取得、あるいは加工・修正してある場合があります。また、コラム内で表現されている考えは当社の考えを代表しているものではありません。コラムニストの信頼性もしくは誠実さは十分に確認されておりますが、情報の利用は当サイトご利用者様ご自身の責任でお願いいたします。

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)