Webマガジン ニュース・オブ・アジア

【沖縄移住コラム】移住計画:買い物編 その2

沖縄限定ポーク玉子あにぎり
(ファミリーマートの沖縄限定「ポーク玉子」おにぎり)

移住計画:買い物編 その2

前回のコラムでは、沖縄にもあると思ったのになかったお店、やっぱりあったお店を挙げてみました。お店の中の様子も見てみたいと思います。

沖縄店限定

筆者は2019年の「セブンイレブン」の沖縄初出店オープン当日に並んで入店し、感動したのを覚えています。今でも私の中では少し特別感が残っています。各コンビニエンスストアのチェーンでは、沖縄のご当地グルメのような惣菜を開発しているので、他の地区に無いものを探すのも楽しいですよ。例えば「ポーク玉子おにぎり」をたいてい数種類置いています。また、タコスやタコライスにちなんだものもあります。当然、沖縄そばも置いています。また沖縄のファミリーマート限定の「泡盛のコーヒー割り」も人気商品だそうです。

また沖縄のファミリーマート限定の「泡盛のコーヒー割り」も人気商品だそうです。また、ファミリーマートではレジ横のコーナーに「天ぷら」を置いています。「上間天ぷら」という有名な天ぷら屋さんがあるのですが、そこと提携して「上間てんぷらコーナー」を設けているのです。沖縄の「天ぷら」は衣が厚いフリッターのようなもので、衣に味がついているので、そのまま食べられる定番のおやつとなっています。「天ぷら」についてはいつかまた取り上げたいと思っています。

セルフパックレジとは?

地元の人によると、沖縄では「イオン」は内地から来た強力な企業とみなされているようです。スーパーマーケットの「マックスバリュ」と「イオンショッピングモール」を展開しています。一般に「イトーヨーカドー」などを展開する「セブンアイホールディングス」が「イオン」と比較されることが多いですが、沖縄ではそのかわりに地元の「サンエー」が、スーパーマーケットや大型ショッピングモールを出店して「イオン」と競い合っているとのことです。ちなみに、マックスバリュはたくさんありますが、同じイオン系列の「まいばすけっと」はありません。

筆者が沖縄のスーパーで買物をして驚いたのは、買った品物をレジで袋詰してくれるサービスが標準だったことです。東京ではそのようなサービスは「紀ノ国屋」などの高級スーパーだけですね。それも品物を一点一点薄いポリ袋に入れてセロテープを貼って袋詰してくれるのです。ただご想像どおり非常に時間がかかります。最近では「セルフパックレジ」という表示を掲げて、急いでいる人はそちらのレジを選択し利用するよう促すようになっています。なぜそれが標準になったのか経緯は不明ですが、やはりなんとなく時間の流れが違いますね。

※このコラムは画像を含め社外コラムニストから提供されたものであり、「Webマガジン ニュース・オブ・アジア」編集部および合同会社アジア・パブリック・インフォメーションが内容の正確性・最新性を保証するものではありません。ただし、画像・文章の一部は編集部にて取得、あるいは加工、修正してある場合があります。また、コラム内で表現されている考えは当社の考えを代表しているものではありません。コラムニストの信頼性もしくは誠実さは十分に確認されておりますが、情報の利用は当サイトご利用者様ご自身の責任でお願いいたします。

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする