Webマガジン ニュース・オブ・アジア

【沖縄移住コラム】移住計画:交通事情編 その1 「うちな~の電車」

「ゆいレール」が走る風景
(沖縄モノレール「ゆいレール」)

日本には、「電車」がない県が一つだけあるそうですが、どの県かご存知でしょうか?それは徳島県だそうです。でも徳島県には、鉄道も駅も踏切もあります。ナゾナゾのような話になってきましたが、徳島県の鉄道を走っているのは、ディーゼルエンジンで動くいわゆる「汽車」なのです。それで「電車」がない唯一の県です。では、沖縄はというと・・・。

踏切なし県

「電車」は走っていますが、「踏切」がない唯一の県です。またまたナゾナゾのようになってしまいましたね。沖縄県には「ゆいレール」というモノレールがあります。これは電気で動くので、「電車」が走っているということができます。しかし、モノレールには「踏切」がないのです。正しくは、運転免許試験場などにだけ「踏切」が試験用に設置されていますが、ノーカウントにしましょうね。

可愛いけど頑張っています、「ゆいレール」

東京に住んでいる方は、モノレールには馴染みがあることと思います。羽田空港と浜松町駅を結ぶ東京モノレールは羽田空港へのアクセスの要としての役割を果たしてきて、首都高速を走ると並走することもあります。他に比較的近年になって、東京西部を縦断する多摩都市モノレールも活躍しています。ちなみに、お台場に行く「ゆりかもめ」はモノレールのような印象がありますが、ゴムのタイヤで走る「新交通」であって、モノレールではありません。

話がそれてしまいましたが、東京のモノレールの印象をもって沖縄の「ゆいレール」を見ると、小さいっ!と感じます。たった2両の可愛い編成なのです。東京モノレールより、上野の空を可愛く走っていた今はなき上野動物園モノレールを懐かしく思い出してしまいます。

「ゆいレール」は、那覇空港を起点として那覇の中心部を通り、首里城近くまで行ける路線が2003年に開業し、渋滞がないことや眺望も素晴らしいことなどから人気を博してきました。インバウンドの来沖もピークになると、乗客の荷物もスーツケースなどで大きいということもあり、始発からラッシュ状態になっていました。乗り切れず、見送る乗客も発生することも珍しくない状況になっていたのです。それで、車両を3両編成にすることや高速道路の近くまで路線を延伸することなどが発表されました。すでに延伸した路線は開業しています。「ゆいレール」を高速道路の近くまで延ばすと、どのようなメリットがあるのでしょうか。単純にその近辺の住人に便利という事情ではなく、もっと壮大な視点を持った計画なのです。次回はそのあたりをご説明したいと思います。

※このコラムは画像を含め社外コラムニストから提供されたものであり、「Webマガジン ニュース・オブ・アジア」編集部および合同会社アジア・パブリック・インフォメーションが内容の正確性・最新性を保証するものではありません。ただし、画像・文章の一部は編集部にて取得、あるいは加工、修正してある場合があります。また、コラム内で表現されている考えは当社の考えを代表しているものではありません。コラムニストの信頼性もしくは誠実さは十分に確認されておりますが、情報の利用は当サイトご利用者様ご自身の責任でお願いいたします。

<PR>

編集部によるPick Up!
  • カトマンズで鳥インフル発生 3000羽以上を殺処分 (2021年2月2日公開)
  • 【コラム】文化や需要に合わせ進歩してゆくインド家電(2020年11月8日公開)
  • ヒマラヤ山脈はコロナ過でも観光客を楽しませていた(2020年10月30日公開)
  • ネパールの大気汚染が過去最悪レベルに (2021年1月16日公開)
  • 雨期のネパール、地滑り頻発のポカラ—カトマンズルートを行く(2020年9月8日公開)
同じ分野の記事をさらにチェックする